Mass Immersion Approach

古文

品詞

自立語(単独で文節を構成できる)

  • 用言(述語となる、活用する)
    • 動詞
    • 形容詞
    • 形容動詞
  • 体言(主語となる、活用しない)
    • 名詞(事物の名を表し、またそれを指し示す)
      • 普通名詞
      • 固有名詞
      • 数詞
        • 基数詞
        • 序数詞
    • 代名詞(そのものの名称を用いずに、直接に指し示す)
      • 人代名詞
        • 一人称(「わたくし」「ぼく」「おれ」)
        • 二人称(「あなた」「きみ」「おまえ」)
        • 三人称( 「このかた」「そのかた」「あのかた」「こいつ」「そいつ」「あいつ」「かれ」「かのじょ」)
        • 不定称(「どなた」「どいつ」「だれ」)
      • 指示代名詞
        • 近称( 「これ」「ここ」「こちら」)
        • 中称( 「それ」「そこ」「そちら」)
        • 遠称( 「あれ」「あそこ」「あちら」)
        • 不定称( 「どれ」「どこ」「どちら」)
  • その他(主語・述語にならない、活用しない)
    • 副詞(主として連用修飾語として用いられる)
      • 状態副詞
      • 程度副詞
      • 陳述副詞
    • 連体詞(連体修飾語としてのみ用いられる)
    • 接続詞(修飾語として用いられない)
    • 感動詞(修飾語として用いられない)

付属語(単独で文節を構成できない)

  • 助詞(活用がない)
    • 格助詞
    • 接続助詞
    • 副助詞
    • 係助詞
    • 終助詞
    • 間投助詞
  • 助動詞(活用がある)

こそあど

 近称中称遠称不定称品詞
こいつ [0]そいつ [0]あいつ [0]どいつ [1]代名詞
事物これ [0]それ [0]あれ [0]どれ [1]
場所ここ [0]そこ [0]あそこ [0]どこ [1]
方角こちら [0]そちら [0]あちら [0]どちら [1]
こっち [3]そっち [3]あっち [3]どっち [1]
状態こう [0]そう [0]ああ [0]どう [1]副詞
こんな [0]そんな [0]あんな [0]どんな [1]形容動詞
指示この [0]その [0]あの [0]どの [1]連体詞

五十音図

(い)
(う)
(え)

濁音・半濁音

五十音図(濁音・半濁音あり)

(い)
(う)
(え)

動詞活用表

 未然形連用形終止形連体形已然形命令形
正格活用四段aiuuee
上一iii+るi+るi+れi+よ
下一eee+るe+るe+れe+よ
上二iiuu+るu+れi+よ
下二eeuu+るu+れe+よ
変格活用ナ変aiuu+るu+れe
ラ変aiiuee
カ変oiuu+るu+れo(よ)
サ変eiuu+るu+れe+よ

形容詞活用表

種類基本形語幹/語尾未然連用終止連体已然命令
ク活用高し高(たか)けれ
からかりかるかれ
シク活用悲し悲(かな)しくしくしきしけれ
しからしかりしかるしかれ

基本助動詞活用表



 未然連用終止連体已然命令接続

使役

尊敬

未然(四・ナ・ラ)
するすれせよ未然(四・ナ・ラ)
さすさせさせさすさするさすれさせよ未然(右以外)
しむしめしめしむしむるしむれしめよ未然


自発

可能

受身

尊敬

るるるれれよ未然(四・ナ・ラ)
らるられられらるらるるらるれられよ未然(右以外)
ゆるゆれえよ未然(四・ナ・ラ)
らゆらえらえらゆらゆるらゆれらえよ未然(右以外)
尊敬給ふ連用
謙譲聞ゆゆるゆれえよ連用
申す連用
奉るるる連用


丁寧はべり連用
候ふ連用

完了

存続

つるつれてよ連用
ぬるぬれ連用
命令(四・サ)
たりたらたりたりたるたれたれ連用
打消ざりざらざりざるざれざれ未然
推量べかりべからべかりべかる終止(ラは連体)
まじかりまじからまじかりまじかる終止(ラは連体)
めりめりめりめるめれ終止


打消未然
未然
ましじましじましじき終止
まじまじくまじまじきまじけれ終止(ラは連体)
推量未然
らむらむらむらめ終止(ラは連体)
けむけむけむけめ連用
らしらしらしらし終止(ラは連体)
(らしき)
ましませましましましか未然
べしべくべしべきべけれ終止(ラは連体)
なりなりなるなれ終止
回想(せ)しか連用
けり(けら)けりけるけれ連用


指定なりならなりなりなるなれなれ連体・体言
たりたらたりたりたるたれたれ体言
比況ごとしごとくごとしごとき連体・助詞
「が」「の」
希求たしたくたしたきたけれ連用
まほしまほしくまほしまほしきまほしけれ未然

(接続を示す欄の「四」は四段、「サ」はサ変、「ナ」はナ変、「ラ」はラ変の略)